週刊ミネ

広告業界の片隅で働く映像・Webプロデューサー/ディレクターのブログ。

お味噌汁の位置

外食の際、お味噌汁などの汁物がご飯の左側に出てくる時がある。そんな時、私は毎度心の中で呟くのだ。


「お味噌汁はご飯の右側だろ!」


これは日本人であれば、誰もが知っているべき一般常識である。しかし、お店に行くと、逆に出てくる頻度がかなり高いという事実がある。

毎度私は心の中でクレームを放ちつつ、無言でお味噌汁の位置を逆にしてから食事を頂くのである。

 

このような頻度が高いと言うことは、本来であれば一般人以上に知識がないといけない飲食店店員が食に関する常識を持ち合わせていない、つまり、プロではないということが言える。

もしくは、お客の側から物事を見ることができない人たちが多いと言うことだ。これもプロではない事の証明と言えるだろう。

 

そんなことを考えると私は少し嘆かわしい気持ちにもなるのだ。
そして、「お前は日本人だろ!」と、彼ら大人たちを、子供を叱りつけるように説教したい気持ちになる。

 

日本の人口が縮小し、外国人労働者を受け入れなければならないと叫ばれる今のご時世。これから外国人が増えてきたら、一体日本人の心や常識はどうなっていってしまうのか?

 

たかがお味噌汁の位置ではあるが、そんなことを考えさせられてしまうことでもある。

 

そこで私は一句詠んでみたい。

「日本人 常識次第で 外国人」

 

たいして良い句ではないと断言できるが、日本人の心や常識は忘れたらいけない。