M360

広告業界の片隅で働く映像・Webプロデューサー/ディレクターのブログ。

昨日より「+ONE」

今月、私は43歳になった。新卒の時から20年くらい経つだろうか?時が経つのは早いものである。

 

私の新卒の時は、今の若者の情報取得ツールであるSNSなんて、勿論なかった。今までの道のりを振り返ると、若い時にそんな危険なツールがなくて本当に良かったと思う。私がそれを正しく扱えた自信はもちろんない。

 

そんなSNSの中でも、おじさんツールであるFacebookぐらいしか私はやっていない。(仕事用のアカウントは除く)しかも、これにはタバコのことなど、どうでもいいことしか最近は書かなくなった。。”SNSでの共有”に対して、私個人的に価値を持たなくなったからかもしれない。

 

そして、このFacebookには困った共有機能がある。それは「誕生日お知らせ機能」である。

 

Facebookで誕生日を登録していると、FB友達にその情報が渡る。そのおかげで、私のタイムラインにも、「〇〇さん誕生日おめでとう!」というメッセが流れてくる。

 

いい機能だと思う一方で、自分の誕生日のことになると、こういうのが好きではない。


何故ならこの手のメッセージを受け取ると、どこかこそばゆくて仕方なくなるからである。子供の頃、他人を祝う習慣も、祝ってもらう習慣もなかったので、余計そう思うのだろう。


そして、いい年なので誕生日を祝ってもらうことにも違和感もある。もちろん、自分の子供達からのメッセージは嬉しいのであるが。。


だから私はFBでも誕生日を登録していない。


そんな誕生日を迎えるたびに思うことがある。それは去年より少しは仕事人間として成長しているだろうか?ステップアップできているであろうか?という自分への問いかけだ。


それは肩書きや給料ではない本質的なプレイヤーとしての能力の話。まだまだやりたいことが多い私にとって、これはかなり大事な話。


ちなみに、私ぐらいの年になると、管理職になる人も多い。そこには部下やスタッフたちのマネイジメント及び、彼らを成長させるという責任も負うことである。マネイジメントという職能を身につけることも成長と言えるかもしれない。しかし、私は1プレイヤーとしての成長もしたいという思いの方が実は強い。


新卒の時、出世なんて全く考えず、ただ自分の作りたい作品を続けたいという思いで仕事をスタートしたから余計そう思うのであろう。

そんな思いで仕事しているのではあるが、成長は決して自分一人でできることではないということを年を重ねるほど感じる機会が多くなる。


自分を成長させていくためには、成長できる環境や仕事が必要である。そしてそれは、自分を信頼してくれる人なしでは成り立たない。仕事とはそういうものである。


「自分の成長」よりも、去年より「自分への信用」は増えたのか?ということの方がよっぽど大事である。


大きい会社、信頼が厚い歴史のある会社だと、その環境があたり前になり、強く実感することはないかもしれない。私自身、若い頃からそのような意識はあったものの、実感値としては今より明らかに薄かった。


「自分への信用」が積み重なれば、昨日より自然と成長している。その為には、相手の望みを満たすことが大切である。そして、目の前のことに誠実に取り組むしかない。


「昨日より+ONEの信頼を」


そんな思いで仕事を続けていきたいものである。自戒の念を込めて、あえてブログにこんなことを書いてみた。